オルニチンが肝臓の働きを促進する

協和発酵バイオ オルニチン
協和発酵バイオ オルニチン

しじみなどを食べることで、摂取されたオルニチンは、腸内で吸収され、肝臓や腎臓、筋肉などに運ばれます。
肝臓にたどり着くと、肝臓に存在する「オルニチンサイクル(尿素回路)」というアンモニアを代謝する経路で働き、アンモニアの解毒を促進します。

アンモニアは有害物質で、生命活動の原動力であるATPの産生や脳を動かすエネルギーであるグルコースの生成を妨げるといわれています。

アンモニアの解毒を助けることによって、オルニチンはスムーズなエネルギー産生にも貢献しています。
また、オルニチンには、機能が低下した肝臓を保護したり、肝臓でのタンパク質合成を高める働きもあります。

そして、肝臓の働きを助けるオルニチンですが、食品として有名なのはしじみです。
しじみには、オルニチン量が100gあたり10.7〜15.3mg含まれているといわれています。

その他の食品では、キハダマグロ・チーズ・ヒラメ・パンなどがあげられます。ただ、食品で摂れるオルニチンには限界がありますね!


オルニチン

楽天・amazonで人気のサプリはこちら

ドラッグストアーやネット通販で評判の人気のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。