しじみ習慣の飲み方

自然食研 しじみ習慣

しじみ習慣は、生活に合わせて飲み方を工夫すると、より健康にお役立ちます。

就寝前の一粒で、目覚めも快調に!

しじみ習慣を飲み始めてから「よく眠れるようになった」「目覚めがよくなった」という喜びの意見が多いようです。
そのほとんどの方が、就寝前にしじみ習慣を飲んでいました。

夜飲んでおくと「朝起きたとき体が軽く感じられる」「足のだるさがとれてきた」というご感想もありました。

私たちの体は眠っている間も休みなく働いていますので、しじみの栄養がその働きを助けてくれます。

朝や昼に飲んで実感がない場合は、夜の二粒〜三粒を試してみましょう。

お酒を飲む前に二粒、飲んだ後にも一粒

お酒を飲む方の声でいちばん多かったのが、「残りにくくなった」「悪酔いしなくなった」という感想です。
そのなかでも、「飲む前に二粒、飲んだ後(寝る前)にも、一粒飲むと、翌朝がぜんぜん違う」という方が多いようです。

しじみ習慣は酔い止めの薬ではなく、毎日続けることで健康を維持する食品なので、お酒を飲まない日も一日二粒を目安にお続けましょう。

ただし、しじみ習慣を飲んでいると体調がよく、お酒もおいしく感じられるので、ついお酒が進んでしまうという方もいましたので、くれぐれも飲み方にはご注意を!

万一、二日酔いしても、遅くはありません。

二日酔いしてしまったときは、たっぷり水分をとって体内に残ったアルコールを排泄するとともに、しじみ習慣を少し多めにのみましょう!

しじみに含まれるタウリンという成分には、アセトアルデヒドを分解する働きがあります。

また、しじみは昔から病中病後の滋養食としても利用されてきたように、体力の回復も助けてくれます。

実際、二日酔いのときにしじみ習慣を飲むと、お酒の抜けや体調の回復が早いという報告も寄せられています。

元気が出ないと思ったら、少し多めに三〜四粒。

しじみ習慣は二粒でしじみ汁一杯分の栄養成分がとれますので、一日二粒を目安に!

しかし人によって食べる量が違うように、しじみ習慣の適量にも違いがあります。
二粒ずつ飲んでも実感がない場合は、少し多めに三〜四粒ほど飲んでみましょう。

しじみ汁を二杯飲むのと同じように、体によい栄養分がさらに多くとれ、副作用の心配もありません。

毎日のしじみ習慣で、気づかない変化も。

自分では実感がなかったけれど、あるきっかけで変化を知ったという方もいます。
四十代の女性のかたで、「色白になったね。美白した?」と言われたそうです。

また五十代の男性の方は、お酒の量を含めて生活習慣はとくに変わっていないのに、健康診断の数値がよくなっていたそうです。

しじみは体によい食品です。
しじみ習慣は、薬ではないので、飲んだときに劇的な変化がなくても、続けて飲むことで健康に役立ちます。
ぜひ、毎日の習慣にしてください。