オルニチンサイクルを活性化

エネルギーの産生を阻害し、疲労のもとになると考えられているのがアンモニア。
それを分解するのがオルニチンサイクルです。

オルニチンが増加すると、オルニチンサイクルは活性化してアンモニアの解毒を促進します。
オルニチンサイクルは尿素回路とも呼ばれるもので、肝臓の細胞内にあって有毒なアンモニアを尿素に変換する代謝回路です。

オルニチンはアンモニアを尿素に解毒するたびに再生され、再びオルニチンサイクルに入り、何度もアンモニア解毒反応に利用されます。

アンモニア解毒がエネルギー産生をスムーズにする

細胞の中のミトコンドリア内にあるTCAサイクルは、私たちが元気に活動するために必要なエネルギー(ATP)の産生に関わる重要な回路です。
アンモニアがこのTCAサイクルを阻害すること、またミトコンドリア内の酸化還元バランスを崩してATP産生の環境を悪くすることも明らかになっています。

つまり、オルニチンはアンモニアの解毒を促進することで、ATP産生にも一役買っているのです。

オルニチンがアルコール性疲労を防ぐ

アルコールの摂取によって増加するNADH。
この物質が過剰になることで、糖新生と脂肪酸代謝によるケトン体産生を妨げられ、脳がエネルギー不足に陥る可能性があります。

オルニチンには飲酒後の疲労を抑える効果が示されています。
オルニチンの働きでアンモニア解毒が円滑に進むと、その過程で過剰なNADHの消費が進み、脳のエネルギーをつくり出すための阻害要因が取り除かれると考えられます。

オルニチンは肝臓で機能を発揮し、疲労回復に働く

オルニチンはオルニチンサイクルの働きを活発にし、ミトコンドリアの働きを助けることで、肝臓全体の本来の機能を保つ役割を担っていると考えられます。
エネルギー産生や糖新生といった代謝、有毒物質の解毒をスムーズにし、肝臓疲労、ひいては全身疲労を回復させることができると期待されています。

しじみの力

楽天・amazonで人気のサプリはこちら

ドラッグストアーやネット通販で評判の人気のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。