最後にたどり着いたのは、台湾の黄金しじめいでした。
日本のしじみにも、中国のしじみにも、確信が持てませんでした。

最初は国産のしじみで作ろうと思いました。

しじみの健康食品を作ろうとしたとき、もっとも難しかったのは、本当によいしじみを探すことでした。

最初に国内の有名な産地を訪ねましたが、水質や自然環境の変化で、どの産地も漁獲量が激減し、品質や安全性に確信が持てるものはごくわずかしかありませんでした。

しじみが育つ汽水域は、工業排水や生活排水などの影響を受けやすいといいますが、現状は私たちが考えていた以上に深刻でした。

日本でよく出回っている中国産しじみも検討してみました。
しかしラットで実験してみると、成分にばらつきが出て品質が安定せず、満足のいく結果が得られませんでした。

また、産地の周辺環境・水質・成育方法などに不安が感じられたので、有害物質の検査をしてみたところ、安全性も自信が持てる結果ではありませんでした。

山の湧水で育つしじみは、黄金色に輝いていました。

最後にたどりついたのが、台湾・花蓮の黄金しじみでした。
三千メートルを超える山々が連なる中央山脈のふもと、澄んだ天然湧水のなかで黄金色に輝くしじみが育っていました。

年間を通して雨量の多い地域で、深い森から流れ降りてくる水が、しじみ池の底からつねに湧き山しています。
その豊かな恵みを利用して一日に二回池の水を入れ替えながらも、二週間に一回の水質検査を欠かさないといいます。

「活きているきれいな水じゃないと、しじみは生きられない」。
そう話す生産者からは、黄金しじみに対する愛情と誇りが感じられました。

しじみ池の底には、一面に砂が敷き詰められています。
しじみを採り終わったら、古い砂を取り除いて新しい砂を敷き直すそうです。

生産者は「砂地で育つから、きれいな黄金色になるのだ」とも話していました。

日本のしじみも、水がきれいで川底が砂地だったころは、今ほど黒くなかったという人もいます。
しじみの色は、その土地の自然環境を映し出しているのかもしれません。

黄金しじみのエサは、水中に生えている緑深です。
人工的なエサはいっさい与えず、水中に空気を送り込んだり清水を入れるなどして、緑藻の量を最適な状態に保っています。

水の里・花蓮は豊かな自然に恵まれ、工場も農地もありません。

台湾の東側に位置する花蓮の里は、いわば開発から取り残された地域です。
山の上から見下ろすと、工場や畑がほとんど見あたりません。

工業排水や農薬などによる汚染の心配がないからこそ、これほど美しいしじみが育つのでしょう。
花蓮を流れる川では、天然の黄金しじみを見ることもできました。

台湾の山は十年ほど前から開発が禁止されているといいますから、しじみにとってこれ以上の環境はありません。

楽天・amazonで人気のサプリはこちら

ドラッグストアーやネット通販で評判の人気のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。